バイブルハウス南青山(通販専門店)商品代金5,000円以上送料無料

電話受付03-3567-1995 平日 月〜金曜日10時〜16時  

人気キーワード

品番/ISBN: 9784400213291
メーカー/出版社: 新教出版社
著訳者: 鵜沼裕子
発売/発行年月: 2021年4月
判型: 四六
ページ数: 238

忘れられた神学者の生涯と思想

壮年期は讀賣新聞を舞台に宗教ジャーナリストとして健筆をふるうが、国粋主義的な宗教団体から受けた暴行による大患を機に、後半期は独自の教会論や聖餐論を展開して熊野義孝や桑田秀延に高く評価された牧師・神学者、逢坂元吉郎(1880-1945)。日本キリスト教史上に異彩を放ちつつも、大勢からは顧みられることの少なかったこの人物の生涯と思想を、著者の半世紀に及ぶ研究の成果に基づいて書き下ろした意欲作。

【目次より】
序章
第1章 生涯
第2章 「前期」における信仰と思想
第3章 「殴打事件」の意味したもの
第4章 「後期」の世界――その思考様式
第5章 救済へ――神と人との接近・合一
終章
参考文献
略年譜
あとがき

逢坂元吉郎(おうさかもときちろう)

型番 9784400213291
ポイント 121pt
販売価格 2,420円(本体2,200円、税220円)
購入数

mail_outline この商品についてお問い合わせ

おすすめ商品

最近チェックした商品CHECKED ITEM