リニューアル記念3,000円以上送料無料2021年3月31日18:00〜6月30日18:00

電話受付03-3567-1995 平日 月〜金曜日10時〜16時 

人気キーワード

発行:中央公論新社
新書判 256ページ
発売日 2021年4月

信仰を持たない人が大半を占める日本人。しかし他方で、仏教や神道、キリスト教などの行事とは縁が深い。こうした日本の不可思議な状況をどう見ればいいのだろうか。本書は、新宗教の退潮や、現代の葬式や神社、そしてスピリチュアル文化などを位置づける。日本の宗教の現在地と今後を示す試み。

著者プロフィール
岡本 亮輔 (オカモトリョウスケ)

1979年,東京生まれ.北海道大学准教授.筑波大学大学院人文社会科学研究科修了.博士(文学).専攻は宗教学,観光学. 著書『聖地と祈りの宗教社会学』(春風社,2012年,日本宗教学会賞受賞),『聖地巡礼』(中公新書,2015年,英訳『Pilgrimages in the Secular Age』〔JPIC〕),『江戸東京の聖地を歩く』(ちくま新書、2017年)
共編著『宗教と社会のフロンティア』(勁草書房,2012年),『フィールドから読み解く観光文化学』(ミネルヴァ書房, 2019年、観光学術学会教育・啓蒙著作賞)

宗教と日本人
-葬式仏教からスピリチュアル文化まで

型番 9784121026392
ポイント 45pt
販売価格 902円(税込)
購入数

mail_outline この商品についてお問い合わせ

おすすめ商品

最近チェックした商品CHECKED ITEM