現代のバベルの塔
反オリンピック・反万博

型番 9784400407508
販売価格 2,200円(税込)
購入数


【出版社】新教出版
【著 者】新教出版社編集部:編
【発行日】2020年6月

東京オリンピック・大阪万博 さようなら!

東京オリンピック・大阪万博は、「一つの言葉」によってひとびとを統治する「現代のバベルの塔」だ! 従来は神に対するひとの傲慢をいましめる道徳訓として読まれてきた「バベルの塔」を、文明・植民地支配からの解放の物語として読みなおすとき、その現在形として現れるのが2020東京オリンピック・2025大阪万博である。いま大注目の月刊誌『福音と世界』の2019年8月号特集を大幅増補した本書は、パンデミック下の情勢にも完全対応。解放の神学、科学技術史、ジェンダー、アクティビズムなどの視点による9つのテキストと著者3名のトークにより、その統治から離脱しようとするたたかいの書である。


【おもな目次】

混乱(バラル)の民として生きる――オリンピック・万博に反対する解放の神学  有住航

生活againstオリンピック――路上のアーティスト・いちむらみさこの見た景色  いちむらみさこ

参加しない勇気――大阪万博をめぐる断片的省察  酒井隆史

〈トークセッション〉バベルの塔なき世界へ  有住航×いちむらみさこ×酒井隆史

「「古代の廃墟」としての近代」の廃墟――ボイコット2020‐2021  入江公康

オリンピックとカジノ万博は現代のバベルの塔か?――科学技術とプロテスタンティズムの倫理  塚原東吾

その輝きには要注意!――「参加」することに意義はあるのか?  田中東子

ひとを線引きする――パラリンピックの歴史的変遷から  坂井めぐみ

Decolonize This!――オリンピックと植民地主義  井谷聡子

これは私のからだではない――モノとの新しい関係について  白石嘉治

カテゴリーから選ぶ

聖書を選ぶ