VTJ 旧約聖書注解 コヘレト書

型番 978-4-818410572
販売価格 3,520円(税込)
購入数


【出版社】日本キリスト教団出版局
【著 者】小友聡
【発 売】2020年3月

日本語で書き下ろす聖書注解シリーズ。今までとは異なるコヘレト書理解を示す

「すべては空むなしい」という言葉から、厭世的・虚無的な文書だと思われがちのコヘレト書。

しかしコヘレトの真意は、「来世を考えるよりも、ほんの束の間である生を生き抜け」ということであった。黙示思想との関連性に着目した解釈により、コヘレト書に新たな輝きを与える。

★2020年4月から9月まで、NHK「こころの時代」にて本書の著者、小友 聡氏が講師として、「コヘレトの言葉」を紹介します。ぜひあわせてご覧ください。
 番組タイトル:それでも生きよ〜旧約聖書「コヘレトの言葉」
 放送時間:4月から9月までの毎月第3日曜日 午前5時〜6時
      (再放送は同週土曜日 午後1時〜2時)

【目次】

緒 論
書名と位置づけ
構成と統一性
著者および編集の問題
成立年代と時代背景
思想的特徴と神学的・聖書学的諸問題
反黙示思想の書としてのコヘレト書
本注解でコヘレト書をどう解釈するか 
 トピック
  1 ウィットレイの成立年代下限説をめぐって
  2 日本のコヘレト研究について

注 解
表題、標語、詩文(1:1–11)
独白―王の企て(1:12–2:26)
  1:12–18 知者としての王の企て
  2:1–11 富者としての王の企て
  2:12–21 王の後継者への疑念
  2:22–26 王の企ての結び
決定と不可知―時の詩文(3:1–17)
死の宿命(3:18–22)
太陽の下での虐げ(4:1–5:19)
  4:1–3 太陽の下での虐げ
  4:4–12 社会的領域での望ましい態度
  4:13–16 政治的領域での望ましい態度
  4:17–5:6 祭儀的領域での望ましい態度
  5:7–16 太陽の下/地上での虐げ
  5:17–19 結論
太陽の下での不幸(6:1–8:17)
  6:1–9 太陽の下での不幸
  6:10–12 「問い」と「答え」の確認
  7:1–22 黙示批判1. 歴史認識
  7:23–29 黙示批判2. 謎解き
  8:1–8 黙示批判3. 解釈 
  8:9–14 太陽の下での災い
  8:15 結論
  8:16–17 「答え」
死の宿命(9:1–6)
対話(9:7–10)
決定と不可知―時と偶然(9:11–12)
時代への発言(9:13–10:20)
決定と不可知(11:1–6)
対話(11:7–12:2前半)
詩文(12:2後半–7)
標語、後書き(12:8–14)

あとがき
参考文献

【著者紹介】小友 聡(おとも・さとし)
1956年生まれ。1986年、東京神学大学大学院修士課程修了。1994─99年、ドイツ・ベーテル神学大学留学(神学博士)。現在、東京神学大学教授、日本基督教団中村町教会牧師。

カテゴリーから選ぶ

聖書を選ぶ