キリスト教教理入門
1319

初刷限定特価(本体5000円+税)、定価(本体6000円+税)
型番 978-4-264-04082-8
販売価格 6,160円(税込)
購入数


編者:ミラード・J・エリクソン
訳者:安黒務
発売日:2019/11/15
ページ数:496頁
判型:A5判
ISBN:978-4-264-04082-8
出版:いのちのことば社

福音派の代表的神学者と評される同著者の『キリスト教神学』を信徒向けに編集した「要約版」。啓示、神、人間、聖霊、救い、教会、終末など、聖書に記された真理を整然と分類し、簡潔に解説する。神のことばを正しく読み、適用するための手引き。

【目次】
序文
第1部 導入
第1章 神学とは何か
第2章 キリスト教のメッセージの今日化
第2部 啓示
第3章 神の普遍的啓示
第4章 神の特別啓示
第5章 啓示の保存-霊感
第6章 神の言葉の信頼性-無誤性
第7章 神の言葉の力-権威
第3部 神
第8章 神についての教理
第9章 神の偉大さ
第10章 神の慈しみ深い善性
第11章 神の三一性-三位一体
第12章 神の計画
第13章 神の原初的わざ-創造
第14章 神の継続のわざ-摂理
第15章 悪と神の世界-特別な問題
第16章 神の特別な代理人-天使
第4部 人間
第17章 人間論への序論
第18章 人間の中にある神のかたち
第19章 人間の構成の性質
第20章 罪の本質と根源
第21章 罪の結果
第22章 罪の重大さ
第5部 キリストの人格とわざ
第23章 キリストの神性
第24章 キリストの人性
第25章 キリストの人格の統一性
第26章 キリストのわざへの序論
第27章 贖罪の中心的主題
第6部 聖霊
第28章 聖霊の人格
第29章 聖霊の働き
第30章 聖霊に関する近年の諸問題
第7部 救い
第31章 救いの諸概念
第32章 救いに先立つもの-予定
第33章 救いの始まり-主観的側面
第34章 救いの始まり-客観的側面
第35章 救いの継続と完成
第8部 教会
第36章 教会の本質
第37章 教会の役割と政治
第38章 教会の儀式-バプテスマと主の晩餐
第9部 最後の事柄
第39章 導入的事柄と個人終末論
第40章 再臨とその結果
第41章 千年期と患難時代についての見方
第42章 最終の状態
聖句索引
総索引
翻訳者あとがき

カテゴリーから選ぶ

聖書を選ぶ