アウグスティヌスの母 モニカ
平凡に生きた聖人

なぜ、市井に生きたひとりの女性が、聖人となったのか?
型番 978-4-7642-7438-9
販売価格 3,740円(税込)
購入数


著者:ジリアン・クラーク(Gillian Clark)

訳者:松 一平、佐藤 真基子、松村 康平

発売日:2019/10/25

ページ数:320頁

判型:A5判 並製

ISBN:978-4-7642-7438-9

出版社:教文館





モニカ(331-387)は、北アフリカのタガステ(現在のアルジェリア)の庶民階級に生まれた。殉教者でも、教師でも、修道者でもなく、『告白録』に母の思い出としてのみ登場するこの女性が、なぜ崇敬を集める聖人となったのか。歴史学・考古学・文化史などの視点から古代末期の女性像を再構築し、結婚以外の選択肢がほぼ皆無な時代性を描き出すとともに、現代にも共通する普遍的な妻や母という生き方の模範として、モニカの聖人化の過程を考察する。当時の女性史を学ぶうえでも画期的な著作。





目次



翻訳にあたって

地図 モニカの世界

第一章 モニカのイントロダクション

第二章 モニカの家

第三章 モニカの奉仕

第四章 モニカの教育

第五章 モニカの宗教

第六章 聖モニカ

  注

解説

アウグスティヌスの著作-参考文献と資料

参考文献

索引

カテゴリーから選ぶ

聖書を選ぶ