バルト神学とオランダ改革派教会
危機と再建の時代の神学者たち

彼らはバルトをどう読んだのか
型番 978-4-400-31707-4
販売価格 1,210円(税込)
購入数


著者:石原知弘

発売日:2019/08/08

ページ数:124頁

判型:B6判・並製

ISBN:978-4-400-31707-4

出版社:新教出版社



オランダほどバルト神学を積極的に受容した国はなく、オランダほどバルト神学を厳しく批判した国もないと言われる。バルト神学が20 世紀の教会にもたらした影響の象徴的な事例として、その歴史的経緯と神学的・教会的意味を考察する。日本ではほとんど知られていないオランダ改革派教会の神学小史としても貴重な情報を提供してくれる。





目次



 はじめに

第一章 神学者バルトの登場と二つのオランダ改革派教会 一九一〇年代〜一九二〇年代

 1 総会系オランダ改革派教会の時代とバルトの登場

 2 国教会系オランダ改革派教会におけるバルト神学の受容

第二章 バルト神学と危機の時代のオランダ改革派教会 一九三〇年〜一九四五年

 1  ドイツ教会闘争におけるバルトとオランダ改革派教会

 2 占領下オランダにおける反ナチ抵抗運動とバルト神学

第三章 バルト神学と再建の時代のオランダ改革派教会 一九四五年〜一九六〇年代

 1 国教会系オランダ改革派教会におけるバルト神学の支配

 2 総会系オランダ改革派教会におけるバルト神学の勝利

第四章 オランダ改革派神学の意義

 おわりに 「バルト」神学と「オランダ改革派」教会

  関連年表

  注

 あとがき

カテゴリーから選ぶ

聖書を選ぶ