バイブルハウス南青山(通販専門店)商品代金5,000円以上送料無料

電話受付03-3567-1995 平日 月〜金曜日10時〜16時 

人気キーワード

品番/ISBN: 9784400407584
メーカー/出版社: 新教出版社
著訳者: 竹本修三/木村護郎クリストフ:著
発売/発行年月: 2022年3月
判型: 四六
ページ数: 186


なぜそれは必要なのか―― はたしてそれは可能なのか――

地震大国日本の現実を熟知する地球物理学者・竹本修三氏と、ドイツのエネルギー政策の変遷を研究する木村護郎クリストフ氏。両者による興味尽きないシンポジウムの記録。



【目次より】

日本の原発と地震・津波・火山  竹本修三

大陸は動く

放射性廃棄物の地層処分は安全か

世界の地震帯の中にある日本

日本の地震の可能性

予知できなかった1995年の兵庫県南部地震

予知できなかった2016年熊本地震と2018年大阪北部地震

津波の可能性

火山と原発



ドイツのエネルギー転換の思想と実践  木村護郎クリストフ

なぜドイツを取りあげるのか

疑問1 ドイツは福島原発事故後に脱原発に政策転換した?

疑問2 ドイツはフランスの原発の電力に頼れるから脱原発できる?

疑問3 再生可能エネルギーを増やすと電気料金がどんどん高くなる?

疑問4 再生可能エネルギーは不安定だから増やすと電力供給が危ない?

疑問5 ドイツは脱原発したからCO2の排出が増えている?

疑問6 脱原発は「ジャーマン・アングスト」の産物?

疑問7 ドイツの脱原発には倫理委員会などに宗教者が参加しているけど、宗教家にエネルギー政策を決めさせていいの?

日本への示唆

一人ひとりの課題として

脱原発の必然性とエネルギー転換の可能性

型番 9784400407584
ポイント 82pt
販売価格 1,650円(税込)
購入数

mail_outline この商品についてお問い合わせ

おすすめ商品

最近チェックした商品CHECKED ITEM