リニューアル記念3,500円以上送料無料2021年7月1日9:00〜10月1日9:00

電話受付03-3567-1995 平日 月〜金曜日10時〜16時 

人気キーワード

【出版社】聖公会出版
【著 者】鈴木範久/田中良彦
【発売日】2014年6月

近代日本の著名な文学者、たとえば有島武郎、志賀直哉、芥川龍之介など多くの者がキリスト教の影響を受けていたことは周知のことである。

当然これらの人々は日本語訳された聖書を愛読していた。近年ようやく日本の近代文学において、キリスト教が与えた影響について関心が注がれ始めている。

本書は、愛読者の絶えない太宰治の全作品について、太宰が作品の中で用いた聖書の部分と実際に用いた聖書本文と対照させ、一目で判明するよう作成されている。

内村鑑三研究はじめ近代日本キリスト教史の碩学、鈴木範久と太宰治の研究家、田中良彦の手による本邦初の本格的な資料。

キリスト教関係者のみならず、近代日本文学に関心がある者にとって垂涎の著作となっている。

※絶版商品ですので、今回10冊のみの販売となります。
※新品商品ですが、経年劣化による若干の傷みあります。ご了承下さい。

【送料無料】対照・太宰治と聖書
10冊限定販売!

型番 9784882742647
ポイント 209pt
販売価格 4,180円(税込)
購入数

mail_outline この商品についてお問い合わせ

おすすめ商品

最近チェックした商品CHECKED ITEM