聖母マリアのカンティーガ 中世イベリアの信仰と芸術

型番 978-4-805648353
販売価格 2,310円(税込)
購入数


【出版社】サンパウロ
【著者】菊地章太
【発売】2020年1月

13世紀にイベリア半島の中ほどにあったカスティーリャ・レオン王国の王アルフォンソ10世は、聖母マリアをたたえる詩歌を集成した。『聖母マリアのカンティーガ集』と通称される。
それは『聖母マリアの讃歌集』、あるいは『頌歌集』とも言われる。
カトリックでは『聖母マリア賛歌集』と記す。本書は、信仰と芸術の遺産とも言える『賛歌集』の中から5つの主題にふさわしい数篇のカンティーガを選んで読み解き、主題ごとに魅力を探る。

【目次】

第1章 カンティーガのめざすもの

第2章 聖母の軌跡のカンティーガ

第3章 聖地巡礼のカンティーガ

第4章 王の生涯のカンティーガ

第5章 無原罪聖母のカンティーガ

カテゴリーから選ぶ

聖書を選ぶ