いつか笑える日が来る
我、汝らを孤児とはせず
9000

「いのちの格差」が言われるこの時代にあって、聖書はどんなメッセージを送ってきているのか?
型番 978-4-264-04090-3
販売価格 1,650円(税込)
購入数


著者:奥田知志
発売日:2019/12/25
ページ数:288頁
判型:B6判
ISBN:978-4-264-04090-3
出版社:いのちのことば社

あなたも私も「おんなじいのち」という普遍的価値を掲げて歩むなかで、ホームレスの人たちから教えられたこととは? 「いのちの格差」が言われるこの時代にあって、聖書はどんなメッセージを送ってきているのか?


目次

序文 関田寛雄
I いつか笑える日が来る
 生きていれば、きっと笑える日が来る
 もう一つの「ホームレス中学生」
 竹さんの祈り
 ねじれた心が解けるには
 縁の切れ目−どまぐれる理由
 引き受けます。だから・・・・・・
 「黙れ」−邪魔な人などいない
 松ちゃん故郷に帰る−他者と自分
 覚えていてほしかった−ひとりで死なない。死なせない
 私の一番長い日−出会った責任
 教授と呼ばれた男−苦難が生んだもの
 生笑一座の挑戦−「助けて」と言えた日が、助かった日
 あなたはわたし−「お互い貧乏人同士じゃねえか」
 一喜一憂しない−スケールの問題
 誰かに謝ってもらいたかった
 アサガオは闇の中で咲く−クリスマスを迎えて
 ラーメンの味−「おばあちゃんごめんね」
 兄ちゃん、帰ろう−取り戻すべきことばとは
 つながることは生きること−あの日の選択・下関駅放火事件
II 軒のある風景
 軒の教会物語−無縁の時代に生きる教会
 そのまま抱く−抱樸とは何か
 いや、あなただ−悪の外在化について
 貧しい人は幸いだ−人間とは何か
 神の前で神と共に、神なしに生きる−三・一一後を生きる信仰
 「責任感ある父」ですませないために−わたしたちは神の家族
 戸をたたく−北野孝友さん葬儀説教から
 あとがき

カテゴリーから選ぶ

聖書を選ぶ