キリスト教の“はじまり”
古代教会史入門
11840

そもそも「キリスト教」とは何なのか
型番 978-4-264-04069-9
販売価格 1,540円(税込)
購入数


著者:吉田隆

発行日:2019/10/25

ページ数:208頁

判型:四六判

ISBN:978-4-264-04069-9

出版社:いのちのことば社



ガリラヤの一握りの弟子たちから始まったキリスト教が、なぜ世界宗教となり得たのか。2~6世紀のローマで、激
化する迫害の中、礼拝形式、信条、正典の成立など、キリスト教の基礎を形作った古代教会の歴史から、「異教社会」で「少数派」として生きる教会の在り方を考える。





目次



序 「これからの日本の教会」のために  古代教会から学ぶ意義

第一部 古代教会の進展

 一章 初期キリスト教の数的進展

 二章 古代教会の伝道の諸側面

 三章 古代教会における福音の魅力

 第一部の終わりに

第二部 古代教会の成立

 一章 古代教会の礼拝

 二章 古代教会の信仰告白

 三章 古代教会の霊性

 四章 古代教会の制度

 五章 新約聖書正典の成立

 終章 天のキリストを見つめて



脚注や図版のための参考文献

あとがき

年表

カテゴリーから選ぶ

聖書を選ぶ