教皇フランシスコ 南の世界から

南半球からの初めての教皇!
型番 978-4-582-85907-2
販売価格 1,012円(税込)
購入数


著者:乗浩子

発売日:2019/03/20

ページ数:272頁

判型:新書判

ISBN:978-4-582-85907-2

出版社:平凡社



2013年、第266代ローマ教皇となったフランシスコはアルゼンチン育ち。この南半球からの最初の教皇はいま、世界の注目と敬意を集めている。なぜ、こうした教皇が生まれたのか。カトリック大陸ラテンアメリカにおける宗教の役割から、フランシスコの経歴、バチカンの状況等々、その背景をおさえ、この教皇が現在果たそうとしている課題や実績を明らかにする。





目次



はじめに

序章 宗教の復権

1. 近代化と宗教──ウェーバーの逆説

2. 教会と民主化──ハンチントンとカサノヴァの説2

3. カトリシズムと現代

第一章 カトリック大陸、ラテンアメリカ

1. ラテンアメリカ初の教皇の誕生

2. カトリシズムによる征服と植民

3. 独立と教会

4. 現代の国家と教会

第二章 教皇フランシスコへの道

1. イタリア移民の息子ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ

2. イエズス会士時代──入会から管区長へ

3. 「汚い戦争」の拡大と教会

4. スラムに通う大司教2

5. 二〇一三年教皇選挙

第三章 バチカンの動向

1. ローマ教皇庁とバチカン市国

2. 近代化への抵抗

3. ヨハネ二三世とカトリック世界の現代化

4. パウロ六世の南北問題への関心

5. 冷戦終焉の立役者、ヨハネ・パウロ二世

6. 「正統主義の番人」ベネディクト一六世

第四章 アフリカとアジアでふえるキリスト教徒

1. 信徒の趨勢

2. アフリカ──独立教会の展開

3. アジア──多様な宗教世界

第五章 民主化を促した教会──冷戦体制崩壊へ

1. ラテンアメリカの解放の神学

2. 軍政の人権侵害と戦った南米の教会

3. 中米の内戦と教会

4. 南欧・アジア・アフリカ・東欧の民主化と教会

第六章 プロテスタントの拡大とカトリックの対応

1. 福音派とペンテコステ派の隆盛

2. カトリック・カリスマ派の台頭

3. 宗教的多元化のゆくえ

第七章 教皇フランシスコの課題と実績

1. バチカン改革

2. モラルをめぐって

3. エキュメニズム──宗派間・宗教間対話

4. キューバと中国──共産主義国との関係

終章 回勅『ラウダート・シ──ともに暮らす家を大切に』

──環境・人権・平和


あとがき


カテゴリーから選ぶ

聖書を選ぶ