戦争と文学
韓国から考える

型番 978-4-906902-53-8
販売価格 2,592円(税込)
購入数


編集:福岡女学院キリスト教センター・徐亦猛
発行日:2019/05/25
ページ数:248頁
判型:四六判
ISBN:978-4-906902-53-8
出版社:かんよう出版


目次

はじめに  寺園喜基
第1章 戦争責任告白とその周辺  金丸裕一
第2章 震旦学院から復旦公学へ-清朝末期の外国語教育と民族主義-  李天綱
第3章 韓中日における近代「海洋文学」研究の現況  尹一
第4章 The Korean Repositoryにおける在韓キリスト教教育に関する報道と議論  王立誠
第5章 台湾原住民の宣教と社会運動-タオ族の反核運動を中心に-  中生勝美
第6章 旧満州国における日本の宗教活動について-「アジア平和研究会」による現地調査報告とケーススタディーとしてのバプテスト派による宣教師派遣-  金丸英子
第7章 宣教師が見た日本人伝道者たち-満洲国におけるキリスト教伝道を中心に-  渡辺祐子
第8章 日韓漫画にみる歴史認識とキリスト者  佐島顕子
第9章 反戦の旗を掲げる近代日本キリスト教徒の諸相  朱虹
第10章 日中キリスト者の平和思想の比較  徐亦猛
あとがき  阿久戸光晴
執筆者紹介

カテゴリーから選ぶ

聖書を選ぶ