物語 エルサレムの歴史
旧約聖書以前からパレスチナ和平まで

誰がための「聖地」 聖地四千年を旅する
型番 978-4-12-102067-3
販売価格 968円(税込)
購入数


著者:笈川博一
発売日:2010/07/25
ページ数:328頁
判型:新書判
ISBN:978-4-12-102067-3
出版社:中央公論新社

一九八〇年代、イスラエルが占領地でユダヤ人入植を推進した際、パレスチナ人がオスマン・トルコの土地台帳を根拠に所有権を主張すると、入植者たちは旧約聖書に記された神とアブラハムの契約を示したという――。ダビデら古代の王の事績から、イスラム教徒の統治と十字軍、二回の大戦とイスラエル建国、そして戦争と和平交渉が繰り返される現代まで、聖書の記述が息づく「聖地」の複雑な来歴を、エピソード豊かに綴る。


目次

第吃堯―王国の興亡
 1 紀元前1000年まで
 2 紀元前1000年から925年まで-ダビデ、ソロモンの統一王国時代
 3 紀元前922年から720年まで-南北朝時代
 4 紀元前539年から紀元後70年まで-第二神殿
 5 70年から614年まで-ローマ、ビザンチン時代
 6 614年から629年まで-ササン朝ペルシャによる征服
 コラム サマリア人とは誰か
第局堯.ぅ好薀犇塾瓦涼罎
 7 638年から1099年まで-第一次イスラム時代
 8 1099年から1187年まで-十字軍時代
 9 1189年から1516年まで-第二次イスラム時代
 10 1516年から1917年まで-オスマン・トルコ時代
 11 1917年から1948年まで-英委任統治時代
 コラム 安息日に救急車は呼べるか
第敬堯.ぅ好薀┘觀国ののち
 12 1947年から1967年まで-ヨルダン王国時代
 13 1967年から2010年まで-イスラエル時代
あとがき

カテゴリーから選ぶ

聖書を選ぶ