ルターはヒトラーの先駆者だったか
宗教改革論集

教会指導者に宛てた教導的小論として読む
型番 978-4-400-42711-7
販売価格 3,025円(税込)
購入数


著者:宮田光雄
発売日:2018/08/24
ページ数:278頁
判型:四六判 上製
ISBN:978-4-400-42711-7
出版社:新教出版社

《信仰義認論》の核をなす《神の恵みによる解放》=《キリスト者の自由》。それが《予定説》と結びつき、 さらにはバルトによって乗り越えられていく壮大な神学のドラマとはー。宗教改革の信仰的洞察が造形の世界にもたらした豊かな果実とはー。ホロコーストをはじめとするナチズムの惨禍に対する宗教改革責任論の是非はー。 昨年500 年を迎えた宗教改革の原点、表現、そして神学と思想の影響史に迫った渾身の論集。

目次

  はじめに
      宗教改革五〇〇年を記念する
機―ゞ飢革の原点-歴史と伝説のあいだ
  1 われここに立つ
      ウォルムスの信仰告白
  2 ルター伝説のトポグラフィー
供“術史の中の宗教改革
  3 宗教改革者の肖像
      ルーカス・クラーナハの信仰と芸術
  4 アルブレヒト・デューラーと宗教改革
      『黙示録』版画集と『四人の使徒』
  5 忘却された宗教改革期の美術から
      リーメンシュナイダーとグリューネヴァルト
  6 ピーテル・ブリューゲルの絵画を読む
      ネーデルランド宗教改革史の中で
掘―ゞ飢革の精神と神学――ルター・カルヴァン・バルト
  7 宗教改革の神学的特性と精神態度
  8 二つの宗教改革
      ルターとカルヴァンの予定信仰の比較から
  9 宗教改革者たちを越えて
      カール・バルトの予定信仰
  終章 ルターはヒトラーの先駆者だったか
  付論 エキュメニズムはどこに向かうのか
  あとがき

カテゴリーから選ぶ

聖書を選ぶ