近代日本にとってのキリスト教の意義
明治一五〇年を再考する

2018 年に開催され大きな話題を呼んだ連続講演会の記録。
型番 978-4-7642-9987-0
販売価格 1,650円(税込)
購入数


編集:日本キリスト教文化協会

発売日:2019/09/11

ページ数:184頁

判型:A5判 並製

ISBN:978-4-7642-9987-0

出版社:教文館



近代日本の成果と蹉跌を振り返り、キリスト教がそこで果たした役割を再考し、次なる時代の課題を考える。5 名の気鋭の論者が、家族制度や教育など多様な視点から課題に迫る。私たちはこの歴史から何を継承すべきか。多くの示唆に満ちた書。





目次



第1 章 ピューリタニズムと日本の共同体 梅津順一

     はじめに

     ピューリタニズムの衝撃

     ピューリタニズムの受容

     徳富蘇峰の「平民道徳」

     内村鑑三の「実行的キリスト教」

     徳富蘇峰の転向

     おわりに

第2 章 日本の家族を支える法制度の変遷とキリスト教 棚村政行

     はじめに

     近代的な民法典の編纂

     明治三一年民法の特色と構造

     夫婦の氏(姓)

     婚外子の相続分差別

     明治・大正・昭和の家族の実態と家族問題

     夫婦同氏・婚外子・再婚禁止期間をめぐる最高裁判決や法改正の動向

     おわりに

第3 章 社会改革的キリスト教の挑戦-賀川豊彦の場合 金井新二

     世界的趨勢としての社会改革的キリスト教

     賀川豊彦の世界的評価

     幼少期の原体験

     死線をさまよう

     新川スラムにて

     スラムの子どもたちとともに

     アメリカ留学へ

     労働運動から協同組合運動へ

     『死線を越えて』

     賀川豊彦の信仰思想

     賀川豊彦の社会実践

     最後に、賀川豊彦的キリスト教とは

第4 章 近代日本におけるキリスト教学校教育 大西晴樹

     はじめに

     宣教師の私塾時代

     戦前のキリスト教学校

     戦中のキリスト教学校

     戦後のキリスト教学校

     「キリスト教教育」論争史

     未来への模索

第5 章 近代日本におけるキリスト教と女性 小檜山ルイ

     はじめに

     宣教師が伝えた「ホーム」という概念

     今日の講演の流れ

     北米から来たキリスト教

     第二次大覚醒の影響

     リヴァイヴァルの力学

     サーキット・ライダーの説教に見られる平等への要求

     公徳心の涵養

     純潔規範の獲得

     道徳の守護者の司るホーム

     一九世紀アメリカの福音主義

     マウントホリヨーク・システムの特徴

     女性宣教師による女子教育

     「愛ある結婚」の効用

     色の文化

     津田梅子の批判

     男女交際の機会

     遊女と地女の統合

     最初期のキリスト教徒同士の結婚

     内村鑑三の批判

     「日本の花嫁」事件

     「新しい女」の先駆け

     カトリックについての付言

     編者あとがき

カテゴリーから選ぶ

聖書を選ぶ