バチカンと国際政治 宗教と国際機構の交錯

現代に息づく宗教
型番 978-4-8051-1144-4
販売価格 4,950円(税込)
購入数


著者:松本佐保

発売日:2019/04/05

ページ数:336頁

判型:A5判

ISBN:978-4-434-26489-4

発売元:千倉書房



目次



 主要用語略語一覧

 本書で言及する教皇の回勅一覧

序章 バチカンと国際政治

 1 はじめに

 2 国際政治のアクターとして

 3 「カトリック」は前近代的なのか

 4 連盟・国連との関わりとその出発点

 5 特異なバチカン外交

第1章 第一次世界大戦前夜から戦間期まで-国際的中立宣言と大戦への関与

 1 国際連盟設立以前の国際関与

 2 ハーグ平和条約から常設仲裁裁判所設立へ

 3 「平和の方程式」の提示

 4 戦況の複雑化と終戦

 5 国際赤十字との協力関係

 6 委任統治制度との対峙

 7 セーブル条約からローザンヌ条約へ

第2章 戦間期から国連設立まで-バチカンの主権回復と国際関係

 1 キリスト教民主主義政党の誕生

 2 ラテラノ条約締結

 3 連盟の機能不全とバチカンの終戦工作

 4 国際連合設立との関わり

第3章 バチカンと国際労働機関

 1 現存する国際労働機関

 2 カトリック福祉団体の関与

 3 バチカンとILOの具体的な関係

 4 第二バチカン公会議の準備とILO

 5 バチカンの公連加盟と回勅「ガウディウム」

 6 ジョブリン神父とカトリック社会運動

 7 カトリック団体を通じたネットワーク

 8 教皇パウロ6世のILO訪問をめぐって

 9 米国のILO脱退問題

 10 パウロ六世の死去とILOへの遺産

 11 ILOとアグリ・ミッション

第4章 バチカンと世界プロテスタント教会協議会

 1 バチカンと諸キリスト教団体

 2 国連加盟をめぐる論争-「聖座」の国際法上の位置づけ

 3 エキュメニカル活動の「政治的」な意義

 4 バチカンと正教会、プロテスタント教会

 5 コイノニアによる紛争解決とグローバル・ガバナンス

 6 北朝鮮問題-コイノニア活動として

 7 非WCCメンバーの諸勢力-クエーカー、NGOなど

 8 クエーカーとバチカンの協力-イラン米国大使館問題をめぐって

 9 「現代化する」バチカンの意味

第5章 バチカンのリアリズム外交-欧州安全保障政策との関係

 1 冷戦とデタントの狭間で

 2 イデオロギーのジレンマ

 3 ヘルシンキ会談-CSCEへの貢献

 4 解放の神学とバチカン

 5 グローバル・サウス問題への関わり

第6章 冷戦終結-ヨハネ・パウロ二世と欧州の安全保障協力

 1 ポーランド人教皇の誕生

 2 初めての母国訪問-「奇跡の九日間」と狙撃事件

 3 カサロリ枢機卿と東方政策の軌跡

 4 冷戦の終結と外交関係の回復

 5 ヨハネ・パウロ二世とILO

 6 国連レバノン駐留軍への関与

 7 核兵器問題および国際原子力機関とバチカン

 8 冷戦終結後の活動-ユーゴスラビア内戦

 9 変化するバチカンの役割-回勅「レールム」一〇〇周年と国連

 10 「九・一一」への対応-宗教戦争回避の呼びかけ

第7章 教皇フランシスコの闘い

 1 保守派から改革派へ-ベネディクト一六世の去就

 2 教皇フランシスコ-神の代理人の正体

 3 キリスト教民主主義と欧州連合

 4 米国とラテン・アメリカの仲介

 5 マルタ騎士団との対立-女性の立場をめぐって

 6 地球環境問題への挑戦-回勅「ラウダート・シ」の意義

 7 国連創設七〇年目のスピーチ

 8 「ラウダート・シ」から三年を経て

終章 バチカンと国際機関・組織-宗教と国際政治研究の意義

 注

 参考文献

 あとがき

 主要人名索引

 主要事項索引

カテゴリーから選ぶ

聖書を選ぶ