聖書を原語で読んでみてはじめてわかること
18690

型番 978-4-264-04067-5
販売価格 1,760円(税込)
購入数


著者:村岡崇光

発売日:2019/09/10

ページ数:192頁

判型:A5判

ISBN:978-4-264-04067-5

出版社:いのちのことば社



翻訳だけではなかなか伝わってこない聖書の言葉の意味やニュアンスを、原語を注視して読み解く。旧約聖書や新約聖書の有名なエピソードをヘブライ語、アラム語、ギリシャ語の性格を紹介しながら平易に語る注目の書!





目次



 自己紹介に代えて

 はしがき

機.悒屮薀じ

 1 「彼女はこうしてユダのために身ごもった」(創世38・18)

 2 アブラハム、試練にさらされる(創世22章)

 3 「君の名は?」(創世32章)

 4 「増やす」と「増える」

 5 男女の違い

 6 ダビデとバテ・シェバ(競汽爛┘11-13章)

供.リシャ語

 1 人称代名詞

 2 冠詞

 3 現在、過去、未来

 4 いろいろな相の命令形

掘.▲薀犖

 1 単数と複数

 2 言葉と文化

 3 差別語について

 4 エルサレム

検ゝ賁鸚蚕颪反渓鸚蚕颪硫佑蔚兇箸靴討離リシャ語

 1 「神ははじめに天と地をつくられた」(創世1・1、七十人訳)

 2 愛の様々

 3 西郷(せご)どんに愛について教わる

 4 七十人訳翻訳者の思い

 あとがき

カテゴリーから選ぶ

聖書を選ぶ