新約聖書解釈の手引き

新約聖書は汲めども尽きぬ泉である!
型番 978-4-8184-0938-5
定価 3,456円(税込)
販売価格 3,456円(税込)
購入数


聖書学の方法論を概説するとともに、「何がわかるか」を紹介する

聖書は、汲めどもつきぬ恵みを湛えている。それゆえ聖書学者は、聖書を読むための多様な方法を提案してきた。初学者向けにその各種の方法を概説すると共に、それを用いて聖書を読むと「何がわかるか」を紹介。「新約聖書をさらに深く読みたい」と願う人の必携書。

著者:浅野淳博、伊東寿泰、須藤伊知郎、辻 学、中野 実、廣石 望、前川 裕、村山由美
A5判 上製 338ページ

【目次】

序論……廣石 望

第1部 生成するテクスト

第1章 本文批評……前川 裕
 A. 方法論の概説
  1. 本文批評とは何か
  2. 新約聖書の写本
  3. 本文批評の方法論
  4. 現在の主要な校訂本
 B. 方法論の適用例
  5. 本文批評の実際:複数の読みをどう判断するか
     コロ1:14、ロマ8:28、ルカ23:34、エフェ1:1、競撻3:10、汽茱3:1、ユダ5
  6. 結び
 本章で言及した文献・さらなる学びのために

第2章 資料・様式・編集……辻 学
 A. 方法論の概説
  序 「歴史的・批判的研究」=事実とテクストの間にある距離を見定める
  1. 共観福音書における資料問題
  2. 共観福音書における伝承の問題:様式史
  3. 福音書記者の思想:編集
  4. 歴史的・批判的分析の問題
 B. 方法論の適用例
  5. テクスト分析の例:「徴税人・罪人との食事」(マタ9:9-13// マコ2:13-17// ルカ5:27-32)
  6. パウロ書簡と資料・伝承・編集
 本章で言及した文献・さらなる学びのために

第2部 コンテクストとしての社会

第3章 社会史的研究……須藤伊知郎
 A. 方法論の概説
  序 「社会史的研究」とは
  1. 社会史的研究以前(宗教史的研究)
  2. 社会史的研究の端緒と展開
 B. 方法論の適用例
  3. シリア・フェニキアの女の娘の癒し(マコ7:24-30)
  4. ゲラサの悪霊憑き(マコ5:1-20)
 本章で言及した文献・さらなる学びのために

第4章 社会科学批評……浅野淳博
 A. 方法論の概説
  序
  1. 聖書学と社会学との出会い
  2. 社会状況への関心
  3. 社会科学批評の熟成
 B. 方法論の適用例
  4. エルサレム会議の構図(ガラ2:1-14)
  5. 邪視告発の応酬(ガラ3-4章)
 本章で言及した文献・さらなる学びのために

第3部 コミュニケーションとしてのテクスト

第5章 修辞学批評……廣石 望
 A. 方法論の概説
  序
  1. 定義
  2. 「旧」修辞学と「新」修辞学
  3. 現代聖書学における修辞学批評の展開
 B. 方法論の適用例
  4. 修辞学批評の適用例と方法論上の問題点
     書簡文学(フィリピ書)、演説(ステファノの演説)、福音書文学(イエスの塗油物語)、修辞学的方言の調合(汽灰6:12-7:7)
 本章で言及した文献・さらなる学びのために
 修辞学批評用語集(山田耕太 作成)

第6章 物語批評……伊東寿泰
 A. 方法論の概説
  序
  1. 物語批評の方法論的共通点
  2. 物語批評の批評項目
 B. 方法論の適用例
  3. 物語批評の解釈例:「イエスとサマリアの女」(ヨハ4:1-26)
 本章で言及した文献・さらなる学びのために
 物語批評 用語 英和対訳集(伊東寿泰・前川 裕 作成)

第7章 スピーチアクト分析……伊東寿泰
 A. 方法論の概説
  序
  1. スピーチアクト分析の方法論的特徴
  2. スピーチアクト分析の方法論
 B. 方法論の適用例
  3. スピーチアクト分析の解釈例(ヨハ4:16、汽茱魯予餞福
  4. まとめ
 本章で言及した文献・さらなる学びのために
 スピーチアクト分析 用語 英和対訳集(伊東寿泰 作成)

第4部 解釈の自己点検

第8章 文化研究批評……村山由美・浅野淳博・須藤伊知郎
 A. 方法論の概説
  1. 文化研究の視点
  2. フェミニスト批評と聖書釈義
  3. ポストコロニアル批評と新約聖書釈義
 B. 方法論の適用例
  4. パウロと神の母性(ガラ3-4 章)
  5. 占星学者たちの貢ぎ物
     ─帝国イデオロギーのパロディー(マタ2章)
 本章で言及した文献・さらなる学びのために

第9章 正典批評……中野 実
 A. 方法論の概説
  序
  1. 問題の所在とその背景
  2. 橋渡し的研究領域としての「正典批評」
 B. 方法論の適用例
  3. ケース・スタディ:ヘブライ語聖書と新約聖書の間の詩編2編
 本章で言及した文献・さらなる学びのために
付録 新約聖書と関連文献を読むための基本ツール……辻 学
あとがき……浅野淳博


【著者紹介】
浅野淳博(あさの あつひろ)
1960年、山陰松江市生まれ。フラー神学校にてTh.M.、オックスフォード大学にてD.Phil.を取得。現在は、関西学院大学教授、西日本新約聖書学会会長。

伊東寿泰(いとう ひさやす)
1958年、大分市生まれ。現在、立命館大学教授。米国・コロンビア聖書宣教大学院神学修士課程修了。南アフリカ共和国・自由州立大学人文学部にて博士号(聖書・宗教学)取得。同大学神学部新約聖書学科研究員、立命館アジア太平洋大学助教授を経て現職。専門分野は新約聖書学と言語学。

須藤伊知郎(すどう いちろう)
1958年、福岡生まれ。1981年東京大学法学部卒業、1985年同文学部卒業、1993年エアランゲン-ニュルンベルク大学神学部卒業資格認定、1995年東京大学大学院人文科学研究科西洋古典学専門課程修士課程修了(文学修士)、1998年西南学院大学神学部特任講師、2007年同教授(現在)、2013-2014年同宗教部長、2015年同神学部長。2009-2015年日本新約学会専務理事。

辻 学(つじ まなぶ)
1964年、神戸市生まれ。関西学院大学神学部、同大学院神学研究科を経て、スイス・ベルン大学にてDr. theol. 取得。1989-1991年、日本基督教団甲子園二葉教会伝道師。1997-2007年、関西学院大学商学部宗教主事。2007年より広島大学大学院総合科学研究科教授。

中野 実(なかの みのる)
1962年生まれ。東京神学大学大学院修士課程修了。プリンストン神学校(Th.M)およびクレアモント大学院大学(Ph.D)で学ぶ。現在、東京神学大学教授(新約聖書神学担当)。

廣石 望(ひろいし のぞむ)
1961年、岡山県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科西洋古典学専攻課程を経て、スイス・チューリヒ大学にて神学博士号を取得。2001-2014年、フェリス女学院大学国際交流学部助教授、のちに教授、同大チャプレン、のちに宗教主任。2001年より日本基督教団代々木上原教会担任教師。2014年より立教大学文学部教授、日本聖書学研究所所長。

前川 裕(まえかわ ゆたか)
1970年生まれ、三重県出身。京都大学文学部、同志社大学大学院神学研究科を経て、現在関西学院大学理工学部専任講師(宗教主事)、日本聖公会京都教区ウイリアムス神学館非常勤講師。ヘルシンキ大学神学部(フィンランド)に留学。専門は新約聖書学(特にヨハネ福音書と本文批評)。日本キリスト教団正教師(1996-2010年:宇治教会担任教師)。

村山由美(むらやま ゆみ)
専門は日本のキリスト教。研究テーマは近代日本の女性と宗教。スコットランドのセントアンドリュース大学で2010年にPh.D取得。博士論文のテーマは「帝国主義日本と聖書解釈」。現在、南山宗教文化研究所客員研究所員。

カテゴリーから選ぶ

聖書を選ぶ