神への従順とキリスト者の抵抗権
21世紀ブックレット 56
29905

教会は、何のために、どのような時に「抵抗」すべきか
型番 978-4-264-03921-1
販売価格 1,296円(税込)
購入数


編集:信州夏期宣教講座
発売日:2018/07/01
ページ数:104頁
判型:A5判
ISBN:978-4-264-03918-1
出版社:いのちのことば社

信仰の先達が正当な権利とした「抵抗権」をローマ人への手紙13 章からとらえ直しつつ、日本で、また世界で、戦時下実際に「抵抗」したキリスト者の姿から、この地上に置かれた教会に与えられたその権利と義務を問う。

目次

   はじめに  小寺肇
近代日本とローマ書一三章-宮田光雄の論考から寺尾喜七まで  山口陽一
ローマ人への手紙一三章の釈義、並びにこれをめぐる考察  登家勝也
ボンヘッファーの抵抗権思考  野寺博文
御国の民として生きる-学生として考える、キリスト者と日本社会  桑島みくに
スピーチ  差別をやめて、共に生きよう  中根寧生

カテゴリーから選ぶ

聖書を選ぶ