キリスト教葬儀のこころ
愛する人をおくるために 

型番 978-4-87232-074-9
販売価格 1,512円(税込)
購入数


編集:オリエンス宗教研究所
発行日:2010/12/10(初版発行)
ページ数:216頁
判型:B6判 並製
ISBN:978-4-87232-074-9
出版社:オリエンス宗教研究所

日本人の感性を踏まえ、死者との交わり、永遠のいのちの意味を探る。通夜・告別式での実際の流れ、墓の問題から散骨、直葬、グリーフケアまでを丁寧に解説。
教会葬にも多くの人々が参列する今日、キリスト教葬儀の祈りの意味、儀式の実際の流れを順を追いながらわかりやすく説明していく。残された遺族へのケアや墓の問題、今後の課題などについても、現場で日々実践を続ける執筆陣が提案する。

目次

    死を見つめ、永遠に臨む-序にかえて
第一章 現代の日本人の姿と「いのちの福音」
   1 人間の死と「風の霊性」
   2 現代人の根無し草的状況
   3 生きた伝統からの声-死を見つめた文学・思想
   4 いのちの福音-キリスト教の死生観の特徴
第二章 典礼としての葬儀
   1 葬儀観と葬儀様式の変遷
   2 葬儀における祈り
   3 葬儀に関連する課題
第三章 臨終から火葬まで
    1 旅立ちの準備
    2 儀式としての葬儀
    3 さまざまな決定のために
第四章 残された者たち
    1 大切な人を送るために
    2 遺族の現実
   3 墓をめぐって
   4 死者との絆を大切にし、ともに生き続けること
第五章 いのちの交わりは死を超えて
    1 裸の人間が問いかけるもの
   2 キリスト教の核心
   3 永遠のいのちの輝き
葬儀についての身近な疑問

カテゴリーから選ぶ

聖書を選ぶ